さすてな経営会計事務所では、クラウド会計(freee)の導入を推奨しています。

クラウド会計のメリット

クラウド会計の一番のメリットは、「業務の効率化」です。

クラウド会計では、従来のインストール型の会計システムと異なり、インターネットのクラウド上で操作する会計システムです。

そのため、タイムリーな情報共有が可能になり、スピード感のある経営意思決定が実現できます。

さらに、従来、手作業で行なっていた会計入力や伝票収集作業などの手間が大幅に削減されることから、本来集中すべき業務に時間を投下することができます。

クラウド会計をより効果的に利用するために

クラウド会計をより効果的に利用するためには、周辺環境についても整えることが大切です。

例えば、クレジットカードの連携や、ネットバンキングの登録はその典型例です。
その他、クラウド会計システムに連動できるようなアプリケーションソフトもたくさんあります。

クラウド会計として、当事務所では、freeeを推奨しております。

自計化を推奨しています

さすてな経営会計事務所では、自計化を推奨しております。
自計化とは、自社で経理の入力作業を行うことです。

自計化することのメリットとして、主に以下の3点が挙げられます。

  1. 自社で経営数値がタイムリーに把握できる
  2. 経営と数値がリンクしやすい
  3. バックオフィス効率化への課題認識ができる

効率的な自計化を実現するためにも、積極的なクラウド会計の導入をサポートさせていただきます。

※どうしても記帳代行が必要な場合は、別途ご相談ください。